• マスダ( 事務員 )

肉の量は1日100gが目安!


 血糖コントロールについて、今回は肉や魚などのたんぱく質の摂取についてお話しします(╹◡╹)

Q.糖質制限をしているから、肉は好きなだけ食べてもいいでしょ?

A.動脈硬化のリスクが高くなります!

 肉や魚を食べすぎたからといって、すぐになにか問題が起こるわけではありませんが、長期的にはたんぱく質や脂質をとりすぎると腎臓に負担をかけたり、動脈硬化のリスクが高まったりするといわれます。糖質制限をしている患者さんで、腎機能が悪くなったり、コレステロール値が高くなったりする場合には、たんぱく質をとりすぎていないかを確認し、検査数値の変化で現状をよく理解してもらうよう努めています。糖質制限は、医療機関で体の状態を注意深く見守りながら進める必要があります。

 たんぱく質は糖質に比べて食後血糖値の上昇がゆるやかですが、食べすぎるとエネルギー過多につながります。肉なら脂肪の少ない部位を選んで1日に100gまでを目安にしましょう。たんぱく質源には、魚や大豆製品などいろいろな食品があるので、偏らずにとっていきましょう!


10回の閲覧

© 2017 プーラビダ株式会社  Wix.com

ブログ
Blog

093-616-0907

Tel