• 益田( 事務 )

プロバイオティクスで腸内環境を整えよう!


健康コラム

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは、腸内環境を整える善玉菌です。摂取すると、便秘や下痢の改善につながります。代表である乳酸菌は、腸内の免疫機能をアップ。風邪やアレルギーに強いカラダをつくります。

腸を健康に保ってくれる善玉菌

 人の腸内には約500~1000種類、100兆個以上の細菌がいるといわれています。プロバイオティクスとは腸内の健康を保つ善玉菌のこと。腸内には善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌など)悪玉菌(大腸菌、ブドウ球菌など)、そのどちらでもない日和見菌の3種類があり、健康な腸内は、善玉菌が悪玉菌より数が多い状態です。腸内のバランスがくずれると日和見菌は善玉にも悪玉にもなるので、つねに善玉菌が優位になっている必要があります。プロバイオティクスはヨーグルトなどの発酵食品、サプリメントなどから摂れますが、欠点は熱や酸に弱いこと。ほとんどが胃酸で死滅してしまいます。ただ、漬物や納豆、キムチなどの植物性の乳酸菌はチーズなど動物性に比べて胃酸に強いのが特徴。生きたプロバイオティクスを腸内に届けるためには食物性の発酵食品がおすすめです。3~4日で体外に排出されてしまうので、毎日こまめに摂りましょう。

プロバイオティクスをとり入れる方法

・植物性の乳酸菌を含むキムチ、漬物、みそを食べる。

・納豆菌を含む納豆を食べる。

・ビフィズス菌を含むヨーグルトを食べる。

・乳酸菌飲料を飲む。

・整腸薬、サプリメントで摂る。

どの食品も日常に取り入れやすそうですね。自分のカラダに合った物を見つけて上手に取り入れてみましょう(^_^)


11回の閲覧

© 2017 プーラビダ株式会社  Wix.com

ブログ
Blog

093-616-0907

Tel