• 益田( 事務 )

大豆製品を食べよう


健康コラム

豆腐、納豆など、大豆製品を食べる

・大豆は「畑の肉」。重要な栄養素であるタンパク質を多く含みます。

・「豆腐」「納豆」などの加工品は、大豆そのものよりも消化、吸収がよくなります。

タンパク質不足は危険!

 女性やダイエットをしている方は脂質を気にして肉をさけがちですが、これでやらせられると思ったら大間違い。肉を食べないことでタンパク質が不足しがちになるからです。タンパク質不足は筋肉量減少を招き、基礎代謝が低下し脂肪が燃焼しにくくなるので、かえってやせにくいカラダに。また、タンパク質はコラーゲン生成にも関係しているので、肌のハリも失われてしまいます。肉を食べないのは美容にもとても損なのです。

大豆は栄養価の高い超優秀食材!

 それでも肉が苦手な場合、「畑の肉」といわれる大豆からタンパク質を摂りましょう。一般的に植物性のタンパク質は肉や卵に比べて栄養価が劣りますが、大豆にはそれに負けない良質なタンパク質が含まれています。大豆自体の消化率は低いのですが、加工品にすると、納豆や豆腐は消化率90%以上と、効率よく消化される食品になります。

☆納豆の効果的な摂り方☆

・納豆は、朝食より夕食で食べるとよい。

 寝ている間は水分不足で血液がドロドロになり固まりやすい。

 血液サラサラ効果のある納豆がそれを予防してくれる。

・加熱すると栄養成分がこわれてしまうので、そのまま食べる。

・購入後、冷蔵庫で2~3日寝かせると、発酵がすすんで有効成分が増す。

大豆や大豆製品を食べて良質なタンパク質を摂りましょう♪ また効果的な食べ方で効率よく栄養を摂取しましょう(^_^)


4回の閲覧

© 2017 プーラビダ株式会社  Wix.com

ブログ
Blog

093-616-0907

Tel