うそっ?まさかのラジオ出演!!!

こんにちは。プーラビダの何でも屋こと事務長の舩川です。

今回のお話は何かと言いますと私ごとで大変恐縮ですが、先日浦濱さんの計らいでラジオ番組にゲストとして出演させていただきました。

自分でもサプライズ的な展開だったので、お話が来た時は思わず少し固まりました(笑)


打ち合わせが始まり番組のコンセプトであります【心と体の健康作り〜楽しい生き方〜】に沿ってテーマを決めるのですが、何を話せば良いのか分からず中々決められない。

考えど待てど暮らせど出て来ないので、個人的な活動もテーマに取り入れたらピンとくるかな?と思い、以前から地元の地域で青年会の活動をしている事もあり、【地域社会と介護】と言うテーマにでいこうと決めました。

ラジオの中でもお話させていただきましたが、私自身医療や介護、福祉の業界に飛び込んでまだ半年です。現在ももっぱら知識や経験習得中です。右も左も分かりません。

それでも私の地元でもそうですが少子高齢化、核家族化が進んでいる中で地域社会の色んな方々と連携し、その地域で暮らす方々が助け合えるシステムが出来れば良いのにな〜と思っていました。

それなら是非この機会に自分の思いを伝えさせていただこうと決めました。

ただ未熟な私がちゃんと医療、福祉業界の各緒事情など踏まえながら、尚且つプーラビダの良さを伝えれるのかも不安でした。


当日を迎え、時間が迫るにつれ、これでもかと想定通り緊張が襲いかかってきました。

喉はカラカラ、声はガラガラ、足はガタガタ(笑)

しかし、、そんな時にガチガチに絡まった緊張の糸を解いてくれる一言が!

『皆さんそうですよ。私が進行していきますので、気を楽にして質問に答える感じでも全然大丈夫です。考えすぎずに気軽にお話してください』

なんて言葉だ!こんなにも心強い言葉があったのかと感激しました。(泣)

そんなこんなで本番がスタートし、自分でちゃんと話せてるのかも分からない内に気づけば終わってました(笑)

ただ終了後、色んな方々からお褒めの言葉をいただきました。(勿論これは想定外です!)

初めての事ながら今では貴重な体験をさせていただいたこと、自分自身の選択を今一度振り返れたこと、何よりプーラビダの事を1人でも多くの方に知っていただいたことが何よりの収穫でした。


今回貴重な機会をくださった代表の浦濱さん、そしてパーソナリティの田中 朋美さん(何から何までありがとうございました)、各スタッフの皆様に感謝でいっぱいです。

皆様本当にありがとうございました!


これからプーラビダとして地域社会の中で何を担い、どのような存在になれるのか?

関わらせていただいてる方々もそうですが、地域社会の色んな方々と連携させていただき、地域の仕組み作りや活性化に貢献出来る様に、模索しながらも取り組んでいけたらと思います。

私自身も今後も色んな活動を通してプーラビダの事を1人でも多くの方に知っていただける様に、日々精進してまいります。


また今回出演させていただいたハッピートークの方も、皆様是非聞いてみてください。(私だけでなく色んなゲストの方々をお招きされてます)


それでは、またの機会に。


プーラビダメンバーを含めた、すべての方に100%の生き方を。

事務長 舩川 大十





アーカイブ