失敗しない、採用のやり方?

こんにちは、代表取締役の浦濱です。8月は私も防護服でコロナ感染の対応をさせていただき、人と人のコミュニケーションの大切さを改めて感じました。隔離された部屋に10日間ってきついですよね…。少しでも力になれてよかったです😄

さて、8月20日に「人事で悩まない!リファラル採用にしよう」というセミナーを開催しました。採用をどうやってすれば自分の会社が欲しい人材が来るのか、といったことをご説明しました。

モニタリングするときに必ずみるポイントっていくつか決まっていますよね。そんな感じで、採用の時にも見なければいけないポイントって決まっているものなんです。そのことに最近通っている経営大学院で学ぶことができました。そのポイントは、「入社後にすぐに身につくことは見ない」ということ。逆に「身につけることに時間がかかることを見る」。例えば点滴などの技術はすぐに身に付きますが、一般常識や優しい気持ちっていうのはすぐには身につきません。プーラビダでもそういう採用を心がけています。仲間って大事ですもんね!

いまプーラビダグループでは看護師21名、理学療法士5名、作業療法士1名、事務兼助手7名、相談支援員1名が活動しています。いつも皆と話していることは、関係者の皆様がいるから利用者様の生活に好影響を与えられているということです。働くことってきついこともあるけど、一緒に何かをする仲間がいるから楽しめるんですよね。

ここまで読んでくださってありがとうございます😊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プーラビダメンバーを含めた、

すべての方に100%の生き方を。」

 プーラビダ株式会社 代表取締役 浦濱広太朗

訪問看護ステーション プーラビダグループ

TEL 093-616-0907(代表)




アーカイブ