認知症について一緒に考えてみませんか?

皆さんこんにちは!プーラビダの何でも屋こと事務長の舩川です。


プーラビダでは毎月最終週の水曜日に会社全体で勉強会を開催しています。


9月のテーマは【認知症】


その内容を少しお話しさせていただきます!!!


認知症とは・・・


・さまざまな原因で記憶や思考などの認知機能が低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態

・認知症の有病率は加齢とともに高まることが知られていますが…


現在、65歳以上の約16%が認知症であると推計されています。

80歳代の後半であれば男性の35% 女性の44%

95歳を過ぎる男性の51% 女性84%が認知症であると明かされています。

2025年には高齢者の5人に1人国民の17人に1人が認知症になるものと予測されています。


認知症介護をする家族がたどる4つの心理ステップ


・第一段階  戸惑い・否定  

・第二段階  混乱・怒り・拒絶

・第三段階  割り切り・諦め

・第四段階  受容


一言で認知症とは言ってもご本人の状態・ご家族様の意向など人それぞれ取り巻く環境は全く違います。全く同じ対応などありません。

実際にある症例などをもとに色んなケースを想定し、その方にどのようなサービスや対応が良いのか意見を出し合います。


一人一人が違う視点を持ってるからこそ、意見を出し合う事によってより厚みのあるサービスが提供出来るのだと思います!

今回も色んな意見が出て来たので、今後の強みになり利用者様・ご家族様に喜んでもらえるなぁと思いました。


これからも色んな知識や技術を学び、共有し、共に成長していく場を大切にしていきたいと思いますので、ご指導・ご鞭撻の程宜しくお願い致します!


ーーーーーーーーーーーーーーー

プーラビダメンバーを含めた、すべての方に100%の生き方を。





アーカイブ