【コラム】血圧と減塩のギモン①

寒気がやってきて冷え込みが厳しいですね。

北九州では今季初めて雪が積もりました。皆さまくれぐれも体調や事故にはお気をつけて下さいね。

さて今回は血液コントロールについてお話していきたいと思います。

血液コントロールがなぜ重要なのか、減塩はどのくらい効果的なのかなどみていきたいと思います。

Q.血圧はなぜ高くなるの?

A.血液の流れをよくする大事な仕組みだからです。

私たちの体には、本来、血液を一定範囲に保つしくみが備わっています。それは、全身につねに血液をめぐらせるためです。体の各所には血流のぐあいを感知するセンサーがあって、血流が悪くなったときには、「もうちょっと血液の流れをよくしてほしい!」というメッセージを発信し、神経やホルモンの働きを活性化して血液を上げることで、血液の流れをよくします。

 ところが、この神経やホルモンがなんらかの理由で働きっぱなしになり、バランスをくずすと、血圧がつねに高い状態をもらしてしまいます。それが高血圧です。

 高血圧には、原因がわかっているものとわかっていないものがあります。約90%は原因のわからない高血圧で、遺伝や体質、食塩のとりすぎや運動不足などの生活習慣、加齢などがかかわっていると考えられています。高血圧が続くと命の危険にもつながりますが、高血圧自体は自覚症状がほとんどないので、放置されがちです。

日本の高血圧患者は、なんと4.300万人にも上ると推定されています。

高血圧は自覚症状のないまま進行していくので、まずは自分の血圧に意識を向けてみましょう(^-^)


お知らせ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。

© 2017 プーラビダ株式会社  Wix.com

ブログ
Blog

093-616-0907

Tel